オランゴ島観光スポット5選

投稿日:

マクタン島の近くに自然保護地域があるオランゴ島というのがあります。マクタン島からは船で20分で行ける距離に位置しており、日帰りで行くには”ちょうどいい島”なんです。島にはリゾート地が4つしかなく今現在も発展がまったくといってしていないローカルな島オランゴ島。今回はオランゴ島を楽しめるような場所など詳しくご紹介します。

自然豊かな小さな島オランゴ島

 

マクタン島から船で20分ほどで行けるオランゴ島。マクタン島と比べるとアクティビティーなどは少ないですが島には自然保護区やローカルな街並みがあります。週末ゆっくりするにはちょうどいいばしょかもしれませんね。島にはバイクレンタルショップもありサイクリングをしながら島を周ることもできます。オランゴ島はかなり小さいので自電車で島を1周することも可能です。今回はオランゴ島の観光スポットを5か所ご紹介します。

 

1. Olango Island Wildlife Sanctuary

オランゴ島と言えばこの自然保護区が有名です。2月~4月の時期は特に渡り鳥などをここで観ることができます。また上の写真のような桟橋を歩くことも可能です。自然豊かなオランゴ島を体験するならここがおススメスポット間違いないですね。

 

サンクチュアリーの入り口

 

サンクチュアリー内

 

周りは何もないですがそこが良いポイント

 

桟橋の横には魚が沢山います

 

Olango Island Wildlife Sanctuaryの場所・入場料

 

 

オランゴ島の港からOlango Island Wildlife Sanctuaryまではトライしクルで行くことができます。トライしクルの値段は1人20ペソです。絶対にボったくった金額を言ってくるので無視して乗りましょう。時間は20分ほどで着きます。もし、トライしクルが「サンクチュアリーに行っている間待っているから100ペソよこせ」と言ってきたら断りましょう。Olango Island Wildlife Sanctuaryから別のスポットまで歩きで行ける距離なのでお金をセーブしたい人は歩いて挑戦してみてください。途中でいろんな光景が楽しめるはずです。

 

オランゴ島の港 Santa Rosaからトライしクルのでの時間と運賃

運賃:20ペソ

時間:約20分

 

Olango Island Wildlife Sanctuaryエントランス料金

外国人:100ペソ

フィリピン人:20ペソ

フィリピン人の子供:10ペソ

現地民:無料

 

 

2. San Vicente Marine Sanctuary

こちらのサンクチュアリーはOlango Island Wildlife Sanctuaryと違いボったくった金額を提示しなく25ペソで行くことができます。桟橋をずっと歩いていくと奥の方に小さい休憩所のようなところがあるのでその周りでシュノーケリングをしたり泳いだりできます。シュノーケリングをする時にパンを渡されて大量の魚と泳ぐことができます。最初は森に囲まれている桟橋ですが20メートルほど歩くと海、島を見渡せる光景が広がっておりオランゴ島に来たら絶対行ってほしい場所の一つです。

 

海の上の桟橋

 

 

ここの当たりの海は特別キレイです

 

 

ここで食事をしている人もいました

 

 

桟橋の向こう側でシュノーケリングをすることができます

 

 

San Vicente Marine Sanctuaryの場所・入場料

 

 

オランゴ島の港からSan Vicente Marine Sanctuaryまではトライしクルで行くことができます。トライしクルの値段は1人20ペソです。絶対にボったくった金額を言ってくるので無視して乗りましょう。時間は20分ほどで着きます。San Vicente Marine Sanctuaryのエントランス料金は25ペソです。

 

オランゴ島の港 Santa Rosaからトライしクルのでの時間と運賃

運賃:20ペソ

時間:約15分

 

 

San Vicente Marine Sanctuaryのエントランス料金

エントランス:25ペソ

スイミング:75ペソ

シュノーケリング:175ペソ

キャンピング:150ペソ

ダイビング:100ペソ

 

 

3. MARIBAGINIロード

この道はオランゴ島の港からOlango Island Wildlife Sanctuary、San Vicente Marine Sanctuaryに行く途中で通る道です。トライしクルで行く方はドライバーに「ここで写真を撮りたいから停まってくれ」と言いましょう。この道は30メートルほど続いており大自然の中にいるようなフレッシュな気持ちになれるところです。

 

MARIBAGINIロードの中の様子

 

 

 

4. MARIBAGINIの場所

 

 MARIBAGINIロードはOlango Island Wildlife Sanctuary、San Vicente Marine Sanctuaryの通り道にあります、エントランス料金は特にないので停まって写真を撮りましょう。

 

 

4. Tungasan Boardwalk

これはオランゴ島の穴場スポットかもしれません。200mほど続く桟橋です。ばしょはサンクチュアリーから少し離れた所にありますがトライしクルのドライバーにTungasan Boardwalkと伝えると分かります。竹で造られた桟橋ですが所々壊れているので渡る際は気を付けてください。一番奥のほうまで行くと飛び込みができる所もあります。海の深さがあまり深くないので泳いだりするのもありかもしれませんね。

 

ちょっと怖そうですがいい景色が楽しめます

 

200mの大型桟橋

 

 

Tungasan Boardwalkの場所

 

 

Tungasan Boardwalkはオランゴ島の港と反対方向にあります。行く方法はトライしクルで行きましょう。運賃は1人20ペソで15分ほどで行くことができます。ドライバーにTungasan Boardwalkに行きたいと伝えましょう。

 

Tungasan Boardwalkまでトライシクルの値段・時間

運賃:20ペソ

時間:15分

 

5. ANDONG COCONUT HOUSE

オランゴ島ではココナッツがたった15ペソで買うことができます。暑い中飲むココナッツはまた格別に美味しいんです。最初20ペソと外国人価格を行ってきますが15ペソにしてくれと言ったら簡単に値下げします。セブ市内ではココナッツが20~25ペソなのでちょっとお得にいただけます。その場でココナッツをナタのようなもので切ってストローで直接飲むことも可能です。

 

とてもフレッシュなココナツが飲めます

 

 

 

 

ANDONG COCONUT HOUSEの場所

 

 

地図はLamawananとなっていますがこの辺りにANDONG COCONUT HOUSEがあります。美味しいココナツジュースを飲みたい方は是非ANDONG COCONUT HOUSEでトライしてみてください。

 

 

まとめ.

自然豊かでほぼ何もないように見えるオランゴ島ですが意外と観光スポットが沢山あります。島には4つリゾート地があったり宿泊もできます。島にはレストランがありますが高すぎる所はローカルすぎる所しかないので可能であればランチは持っていくことをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-トラベル, マクタン編
-,

Copyright© Happy Mactan Information , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.