マクタンシュライン特集

投稿日:

マクタン島と言えばキレイなビーチに高級リゾート地などが有名ですが、観光名所で忘れてはいけないところがあります。それが今回紹介するマクタンシュライン(Mactan Shrine)。マクタン島は有名な歴史部舞台で、あの有名なポルトガルの航海者・マゼランを倒した地で有名なんです。その時のマクタン島の王様”ラプラプ”にちなんでマクタン島の地名は現在までラプラプ(Lapu-Lapu)になっています。今回はマクタン島の歴史、マクタンシュラインのことを特集でご紹介します。

 

 

マクタン島の歴史

1500年頃、ポルトガル出身のフェルディナンド・マルコスがスペインの艦隊を率い、世界中を周っていました。艦隊は当時貴重価値が高かったコショウを求めフィリピンに到着。当時、フィリピンではキリスト教がまだ盛んではなくこのマゼランがフィリピンにキリスト教を広めた最初の人物だと言われています。セブで有名はあのサントニーニョ教会もマゼランが当時のセブの女王にサントニーニョ像をプレゼントしたことかがあの有名はサントニーニョ教会の由来です。今でもシヌログ祭で祭られているのがマゼランがプレゼントしたサントニーニョ像なんです。

そんなマゼランがフィリピン・セブ島に最初に上陸しセブではキリスト教の伝道が始まり、近くにあったマクタン島にもキリスト教を強引に伝えようとマゼランが迫ってきたのです。しかし、当時のマクタン島の王様ラプラプはこれを完全否定し宣戦布告したマゼラン軍に対抗することになったのです。もちろんあちらは鎧や大砲を持つスペイン軍。ラプラプが率いる軍はもちろんそんなものはまだ無く、あるのは鶴木と盾と弓矢。しかし、ラプラプはフィリピンのために立ち向かったのです。

確かにここ一帯は浅瀬になっていてここが戦場になったと言われています

1561年4月27日、ついに戦いが始まります。しかし優勢だったのはラプラプ軍でした。この日ちょうど海が引き潮でセブ島からやってきたマゼラン軍は船から大砲を打ち込むのに距離があり下船して陸地での戦いになったのです。陸に向かい途中、海水が鉄の鎧の中に入り込み上手くスペイン軍は身動きが取れずまさかの苦戦。ラプラプはスペイン軍が足元だけ鎧を身に着けていないことを察知しスペイン軍の足元と毒矢で攻撃。見事マゼランも仕留め防衛に成功したのです。この戦いが今でも伝説となり2004年にラプラプ像が記念碑として建てられました。

 

マクタンシュラインの中

マクタンシュラインの中はとてもきれいに整備されていて入場料も無料です。中にはお土産屋が沢山あったりと有名な観光地です。レストランなどもマクタンシュラインの外にあり魚介系のレストランが沢山あります。誘導がわりとしつこいので断りたいときはしっかり断りましょう。ちなみにここで買うお土産は個性的で面白いものが沢山売っています。

 

マクタンシュラインの中心にある記念碑

 

敷地内はとてもきれいに整備されています。

 

この後ろにラプラプ像があります。

 

当時の現地人スタイルです

 

浅瀬の砂浜の向こうにはマングローブ林が広がっています。

 

 

 

お土産コーナー

入り口を入って右側の方にお土産屋が10件ほど並んでいます。ここではキーホルダーやTシャツやギター、装飾品など幅広く置いているので見ているだけで楽しいですね。ちょっと観光価格かもしれませんが値切ったら絶対安くしてくれるのでチャレンジしてみたい方は頑張ってください。

 

お土産屋

 

 

マクタンシュラインの場所・行き方

マクタンシュラインはMactan New Townのすぐ後ろ側に位置しています。Mactan New Townからは徒歩で10分くらいで行ける距離にあります。また、有名リゾート地もこの奥の方にあります。

 

Jparkからマクタンシュラインの行き方

Jparkからは主にタクシー、ジプニーを使っていくことができるので2つの方法を細かくご紹介します。

 

タクシー

  • 「マクタンシュラインに行きたい」とドライバーに伝えましょう。
  • 運賃:75~91ペソ
  • 時間:10分

 

ジプニー

  • マクタンシュライン方面に向かうジプニーに乗ります(どのジプニーでも可)Jparkを正面にして左側の方面です
  • Mactan New Townを過ぎてジプニーが左へ曲がるので、曲がる手前で降ります。
  • ジプニーは左へ曲がりますが反対方向の右側方面を歩きます。
  • ※1ジプニーを乗り継ぎたい方は同方面(右側)へいくジプニーへ乗ります。どのジプニーでも大丈夫です。
  • ※2歩きで行きたい方は真っ直ぐ歩いていると3分ほどでマクタンシュラインに着きます。
  • 運賃:7ペソ ※1(7ペソ)
  • 時間:20分

マクタンシュラインの入り口

 

まとめ

マクタンシュラインはマクタン島に訪れたら必ず問い行っていいほど観光客の方々が訪れる有名は場所です。フィリピンの歴史を知る上でも重要な場所ですね。また、敷地内はとてもキレイで海に面しているので海風が気持ちよくてベンチなどで果物を食べながらゆっくりすることもできます。是非、セブ・マクタン島に起こした際は行ってみてください。

 

 

 

 

 

-マクタン情報

Copyright© Happy Mactan Information , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.